NEWS and REPORTS

JCX シリーズ第5戦 飯山大会は全日本チャンピオンの沢田と唐見が優勝

シクロクロスミーティング 2017-2018 第4戦 飯山 2017/11/12(日)長峰運動公園

JCXシリーズ第5戦の舞台は、2015年に全日本選手権を迎えた長野県飯山市。前日土曜日には信州シクロクロス第3戦が毎年恒例のナイターレースとして行われ、2日間連続で走った選手も少なくない。

晩秋の紅葉と、雪を頂く高社山を望む長嶺運動公園のコースは、当日朝まで降り注いだ雨によって泥沼と化した。時間を追うごとに泥の水分が飛び、レースを経るごとに重く捏ねあげられたため、名物のキャンバーや、高低差のある雑木林区間の乗車率は著しく下がることとなる。

7D1_0506.jpg 7D1_0517.jpg
信州や関東勢を中心に、64名が出走した最高峰のC1カテゴリー。"信州シクロクロスらしい"難コースに向けて中里仁(Speedvagen Family Racing)がホールショットを獲ったものの、すぐさま全日本王者の沢田時(ブリヂストンアンカーサイクリングチーム)と前田公平(弱虫ペダルサイクリングチーム)の二人がジャンプアップ。泥に手こずる後続を尻目に抜け出した。

7D1_0645.jpg 7D2_0321.jpg
付かず離れず、互いに見合いあいながらハイペースを刻む二人だったが、中盤になって前田が痛恨のメカトラでペースダウン。これによって大きなリードを得た沢田が、「シクロクロス特有の走りを思い出したので上手く展開することができた」と終始安定した走りを刻んで独走勝利。今シーズンのJCX戦で初めて全日本王者のガッツポーズが決まった。

7D1_1118.jpg 7D1_1187.jpg
一方、後退した前田を捉え、激しい2位争いを演じたのが、地元の声援を一身に受ける竹内遼(drawer THE RACING)だ。全日本選手権U23タイトルを狙う竹内が数度仕掛けるも前田は離れず、最後はフィニッシュ前のキャンバーの処理で先行した前田が2位を確保した。

7D1_0025.jpg 7D1_0300.jpg
C2レースとの混走となったCL1では、テクニカルコースを得意とする今井美穂(CO2 bicycle)が好ダッシュ。しかし前日夜にも勝利している唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)が、一時大きく開いた差を徐々に埋めて今井をキャッチする。

7D1_0423.jpg 7D1_0345.jpg
パワーでテクニック差をカバーし、徐々に独走態勢を築いた唐見だったが、レース終盤に今井の猛烈なプッシュを拝し、他カテゴリーの選手とも絡んだことで再び合流を許してしまう。しかし最後はキャンバー区間で今井にミスが生まれ、その隙に交わした唐見が前日に続く2連勝。本来不得意としていた泥コンディションで、来週からのUCIレース連戦に向けて弾みをつけた。

次戦は、今週末11月19日(日)にマキノ高原で開催される。

7D1_1263.jpg 7D1_0459.jpg
沢田時(ブリヂストンアンカーサイクリングチーム)
「調子が悪かったのか路面が重たかったのか、前半はとても身体が重たかったのですが、有利に運ぶために先頭で展開しようと考えていました。今日は勝てたことはもちろんですが、先頭でレースを楽しめたことが良かったですね。これから来週のマキノ、再来週の野辺山とUCIレースが続きます。いよいよシクロクロスレースが楽しくなってきたので、次戦以降も頑張ります。」

唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)
「今日は拷問のようなレースでしたね(笑)。2日連戦でしたが、昨日が寒かったことで身体が硬くウォームアップもままならない状態で臨みました。正直言えば今日は今井さんの日だなと思っていたのですが、意外と序盤の差が広がらず交わすことができました。その後猛追を受けて抜かれてしまったのですが、そこで彼女にミスが出たのが私の勝因になりましたね。他カテゴリー選手と絡んだことも追いつかれた原因なのですが、それは私にテクニックがあれば良かっただけのことです。泥で今井選手に勝てたのも、マッチレースを展開できたことも私にとっては初めてで、とても良い経験になりました。」

text:So Isobe
photo:Satoshi Oda

C1_top3.jpg L1_top3.jpg
C1 (2.8km x 6周)
1.沢田 時(Bridgestone Anchor Cycling Team)1:00:34
2.前田 公平(弱虫ペダルサイクリングチーム)+0:37
3.竹内 遼(drawer THE RACING)+0:46
4.小坂 正則(スワコレーシングチーム)+2:24
5.松本 駿(TEAM SCOTT)+2:47
6.國井 敏夫(MilePost BMC Racing)+3:04
7.中里 仁(Speedvagen Family Racing)+3:29
8.兼子 博昭(スワコレーシングチーム)+3:44
9.山田 誉史輝(PAXPROJECT)+4:21
10.中間 森太郎(FRIETEN)+4:33

CL1 (2.8km x 4周)
1.唐見 実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)48:10.1
2.今井 美穂(CO2 bicycle)+0:01
3.須藤 むつみ(Ready Go JAPAN)+6:51
4.松本 璃奈(TEAM GRM)+7:45
5.西形 舞(TRCPanamaReds)+10:52
6.川崎 路子(PAXPROJECT)+12:47
7.辻 瑞穂(PAX PROJECT)+15:03
8.鬼形 貴子(CO2bicycle)+16:50
9.橋口 陽子(team轍屋)-1Lap
10.綿貫 通穂(臼杵レーシング)-1Lap

フルリザルト

7D2_0267.jpg 7D1_0543.jpg 7D1_0640.jpg 7D1_0704.jpg

7D1_0947.jpg 7D2_0443.jpg 7D2_0456.jpg 7D1_0649.jpg

7D1_1132.jpg 7D2_0464.jpg 7D1_1175.jpg 7D1_0292.jpg

7D1_0349.jpg 7D2_0179.jpg

2017-2018 対象レース

1
茨城シクロクロス2017.10.9 (月/祝)UCI2小貝川リバーサイドパーク詳細へ
2
中国シクロクロス2017.10.15 (日)広島県立中央森林公園詳細へ
3
東北CX Project2017.10.29 (日)UCI2グリバーさがえ詳細へ
4
StarlightCross2017.11.3 (金/祝)UCI2幕張海浜公園詳細へ
5
シクロクロスミーティング2017.11.12 (日)飯山市運動公園詳細へ
6
関西シクロクロス2017.11.19 (日)UCI2マキノ高原詳細へ
7
シクロクロスミーティング2017.11.25 (土)UCI2野辺山 滝沢牧場詳細へ
8
シクロクロスミーティング2017.11.26 (日)UCI2野辺山 滝沢牧場詳細へ
9
宇都宮シクロクロス2017.12.3 (日)UCI2道の駅うつのみや ろまんちっく村詳細へ
CN
第23回 全日本選手権2017.12.10 (日)野辺山 滝沢牧場詳細へ
10
関西シクロクロス2017.12.24 (日)烏丸半島詳細へ
11
東海シクロクロス2018.1.21 (日)愛知牧場詳細へ
12
シクロクロス東京2018.2.11(日)お台場海浜公園詳細へ

OFFICIAL AJOCC PARTNERS