OFFICIAL AJOCC PARTNERS
PARTNER'S STORY

クロスガード (X-Guard) で走りのバリエーションが広がる

IRC

Dec.3 2016/Talk:Koji Yamada (IRC)

トラブルを防ぐ選択肢「クロスガード(X-Guard)」

チューブレスタイヤをシクロクロスに投入して3シーズン目になります。
コンディションに合わせてすぐに取り替えられるということで、多くの方に使って頂けるようになりました。
シーズン中にパンクをしたら翌週のレースまでに直さないといけないですよね。
チューブレスタイヤでしたらポンとはめればいいわけですから、そういうところが受け入れられているのかなと思います。

IRC

しかし同時に、いろいろな方が使われる中で、意外にチューブレスってパンクしやすいんですという声が、一部から聞かれるようになってきました。本来のチューブレスの良さである「低圧にしても走れる」とか「ビードが落ちない」というメリットがある一方で、リム打ちパンクをしたりですとか、タイヤのサイドを切るといったトラブルが目立ってきたということで、耐パンク性の高いバージョンを作ろうということになりました。

そして今回、シラクCXチューブレス、シラクCXサンドチューブレス、シラクCXマッドチューブレスの3タイプ全てで、「クロスガード(X−Guard)」という耐パンク性の高いモデルも選んで頂けるようになりました。
コース中のパンクしやすいところを避けて走るのが難しい場面などで、機材が少しでも助けになればいいかなと思います。

耐パンク性の高さが走りを変える

IRC

耐パンク性を高めることで、パンクしにくくなったということと、走行性能がアップしたということの、2つの性能向上があげられます。具体的にいうと、ビードからビードまで強度が高いメッシュ状のガード素材を入れています。切れにくいのでたとえリム打ちをしても、パンクはしにくくなります。

実際シクロクロスの競技においては、耐パンクのベルトが入ったことでタイヤの剛性が上がっていますので、さらにもう少し低圧にすることができたりしますし、コーナーリング中にタイヤがヨレにくくなって、より走りやすくなっています。

例えばリム打ちが心配なコースでは、フロントはこれまでのノーマルのままで、リアだけクロスガードにする、といった使い方もできます。同じブロックパターンで、ノーマルとクロスガードのどちらでも選んで使うことができるからこそのセッティングです。
ノーマルはタイヤのサイドの表示が黄色で、クロスガードは赤なのですが、今シーズンの東海シクロクロスの第2戦では半々くらいでした。組み合わせを見ることでみなさんの作戦も分かるんですね。

クロスガードになることで55g増えるんですが、重量が増えることをきらってノーマルを使う方もいらっしゃいますし、しなやかさが少なくなったということでノーマルを選ぶ方もいらっしゃいます。一方で先ほども出ましたが、剛性が上がったことで、空気圧を下げられるのでクロスガードを選ぶ方もいたりして、選択肢の幅が広がったと言えるでしょう。

IRCのロード用タイヤでアスピーテというクリンチャータイヤがあるのですが、ここで最初に耐パンク性のある材料といいますか技術を使いました。非常にパンクが少ないということで、プロのロードチームに供給させて頂いているのですが、年間を通してプロ選手のパンクが1回あるかないか、それくらい極めてパンクが少ないです。ヨーロッパで20レース以上走ってきて、チーム全体でパンクが1回しかなかったというように、クロスガードは実績に裏付けられていますので、シクロクロスタイヤにおいても自信を持ってパンクが少ないですよと言うことができます!

様々に使える組み合わせの自由度

IRC クロスガード(X-Guard)

今までは3種類の選択肢だったんですけど、そこにそれぞれにクロスガードが追加されて、組み合わせの自由度が広がりました。
例えばですけど、マウンテンバイク経験者がシクロクロスのレースに出られている場合も多いと思いますが、そういう人は少しタイヤに頼るような走り方をしたりします。車体を大きく傾けて、地形の細かな変化をねらって車体を当てていくような。中には、マッド用のタイヤがノブが高いのでフロントにこれを付けて、リアにサンドという極端な組み合わせにする人もいます。後ろは多少滑っても直線スピードを生かしたい。でも前は旋回性をしっかりとしてグリップさせたいということでそのような組み合わせにしたりするようです。
同じコースでレースをするにしても、前後サンドの人もいれば、前マッド後サンドの人もいたり、前後ノーマルの人もいたり、選手たちが何を考えているのか、タイヤを見ると分かることも多いですね。

レースだけじゃなく、ちょっとしたトレイルなんかもいいですよ。
レース会場では出ない下りのスピードも、クロスガードがあればリム打ちしても大丈夫だったりするので、遊べます。

マッドはノーマルに比べてブロックの長さが全体的に0.5mm高く、サンドは普通の舗装路を走るのにも結構使えます。
サンドのパターンはどんな路面でも走れますから、サイクリングイベントですとか、グラベルライドなんかにもいいですね。チューブレスならではの転がり抵抗の小ささとかを感じられる、乗っていて楽しいタイヤです!

この後シクロクロスシーズンが終わると、皆さんロードの自転車に乗り換えるじゃないですか。
実は、このタイヤを付けて空気圧を上げてあげれば、シクロクロスの自転車を1年通して使うこともできると思いますよ。

Link!

今回ご紹介したクロスガード(X-Guard)を含む、シクロクロス向けタイヤの詳細は下記のリンク先からご覧ください!
IRC CYCLOCROSS用タイヤ一覧ページ

Text:Kei&NaoFu

2018-2019 対象レース

1
茨城シクロクロス2018.10.8 (月/祝)UCI2小貝川リバーサイドパーク詳細へ
2
中国シクロクロス2018.10.14 (日)広島県立中央森林公園詳細へ
3
シクロクロスミーティング2018.10.21 (日)富士宮市あさぎりフードパーク詳細へ
4
東北シクロクロス2018.10.28 (日)UCI2グリバーさがえ詳細へ
5
スターライト幕張2018.11.10 (土)UCI2幕張海浜公園詳細へ
6
シクロクロスミーティング2018.11.17 (土)UCI2野辺山 滝沢牧場詳細へ
7
シクロクロスミーティング2018.11.18 (日)UCI1野辺山 滝沢牧場詳細へ
8
関西シクロクロス2018.11.25 (日)UCI2マキノ高原詳細へ
CN
第24回 全日本選手権2018.12.9 (日)マキノ高原詳細へ
9
宇都宮シクロクロス2018.12.16 (日)UCI2道の駅うつのみや ろまんちっく村詳細へ
10
関西シクロクロス2018.12.23 (日)スチールの森京都詳細へ
11
東海シクロクロス2019.1.13 (日)愛知牧場詳細へ
12
前橋シクロクロス2019.2.10(日)前橋市岩神緑地詳細へ

OFFICIAL AJOCC PARTNERS