MENU
ランキング
OFFICIAL AJOCC PARTNERS
PARTNER'S STORY

使い勝手のよいアクセサリーが揃う、TREK BONTRAGER(ボントレガー)

この記事をシェアする 

TREK

Nov.12 2015/Talk:Taichi Suzuki (TREK)/取材協力:BEX ISOYA 晴海店

〈ヘルメット〉BONTRAGER BALLISTA Asia Fit(JCF公認取得済み)

BONTRAGER BALLISTA Asia Fit

BALLISTA(バリスタ)とは、古代に使われた槍や石のようなものを遠くへ飛ばす大型の武器のことで、ballistic「弾道」、ball「ボール」などの語源となっていると言われている。まさに、空気を切り裂いて進むイメージだ。

ヘルメットのエアロ形状は、マドン誕生の中心的存在でもある鈴木未央さんが監修。エアロダイナミクス分析によって磨き上げられた形状は、高い空力性能だけではなく、頭部の温度を最適に保つためのベンチレーションシステムも併せ持っており、一日中かぶっていても快適に過ごせる。

日本人の頭の形にも合いやすい、アジアンフィットモデル。そう書くと、頭の鉢が大きく見える、横に貼りだした形なのかと思われがちだが、このBALLISTAはかぶるとフィット感がよく、頭をすっぽりと覆うのに、見た目もスマートに見えるから不思議。

BONTRAGER Ballista Asia Fit

ヘルメットといえば、見た目や重さに注目が集まりがちだが、実は裏側を見ていただきたい。同じブランドのものでも、価格帯によって、空気の通り道のつくりなどの細かい部分が、かなり異なっていることに気づくはず。
BALLISTAの場合、前方から受けた風が頭の上部を通り、後頭部までまっすぐ流線型に抜けていく溝がしっかりとついている。

Editor's Eye

女性でそんなに頭が大きい方でなくても、実際にかぶってみると、頭のてっぺんもサイドもぴったりとフィットしていて驚きました。エアロ形状のヘルメットは上部に穴が少ない分、身に付けた時に「いかにもゴツいヘルメット」に見えるのではないかと思っていたのですが、BALLISTAはスッキリ見えてかっこ良かったです。
また、頭の鉢部分がわりと張っている男性がかぶってみましたが、いつも使っているヘルメットより小さいサイズでもかぶることができ、フィット感が高くて頭が小さく見えると好評でした。ぜひ、お店で試着してみてください。

〈シューズ〉BONTRAGER CAMBION & FORAY

BONTRAGER CAMBION

それまで、MTBシューズにボアダイヤル2個付きというのがあったのだが、今季からは1つになった。

CAMBION(写真左)とFORAY(写真右)は価格帯もさることながら、様々な違いがある。
特にレースを意識したCAMBIONは、Silver Series カーボンソールを採用。ベルクロをひとつ付けることで、より細かいフィット調整が可能に。アウトソールにはしっかりグリップする、タキオン製のカーボン/ファイバーグラス複合素材のラバーがあしらわれ、ヒールカップの内側は滑り止めがついていたり、裏側の中央部分(土踏まず付近)にも滑り止めとなるゴムが埋め込まれていて、ペダルがうまくはまらなかった場合でも、ペダルに足を乗せやすくできている。足を優しく包み込むようなアッパー部分は、直接ワイヤーが足の甲にかからないようにできていて、負担が軽減されるだろう。

「ロードとシクロクロスでは、選ぶシューズのサイズ感が異なりますよね。」と、鈴木店長。
「ロードはペダルから外すシーンは考えないのでぴったりタイトな感じで、シクロクロスは降車して地面を走る場面があるので、少し靴の中に余裕があるといいですね。」

(写真はメンズでサイズ展開は39から。)

〈ライト〉BONTRAGER FLARE R/RT TAIL LIGHT & ION 700 R/RT

FLARE Rは最大65ルーメンの明るさが、昼夜を問わず、なんと2km以上先からも見えるという。走行中は、安全のためにも自分の存在を周囲に知らせることはとても大切なこと。遠くから認識してもらえるので、後方からの追突や事故の危険性を大幅に軽減できるだろう。また、横から見た時にもライトの光が見えるよう、270度の視認性を得られる設計となっている。

BONTRAGER FLARE R/RT TAIL LIGHT

【FLARE R/RT TAIL LIGHT】
USB充電式。バッテリーインジケーターが付いており、赤く光って充電を知らせてくれる。

点灯モードと最大点灯時間は、
1)Day-time Flash(日中点滅):5時間45分
2)Day-time Steady(日中点灯):4時間15分
3)Night-time Flash(夜間点滅):23時間
4)Night-time Steady(夜間点灯):21時間


BONTRAGER ION 700 R/RT

【ION 700 R/RT】
横からみてもライトが付いていることが分かるようになっている。マイクロUSBポートから5時間で完全充電。

点灯モードと連続使用可能時間は、
1)700ルーメン点灯:1時間45分
2)450ルーメン点灯:3時間
3)200ルーメン点灯:6時間45分
4)50ルーメン点滅:22時間
5)ストロボモード:40時間


BONTRAGER ION 700 R/RT

品名に「RT」とついている方がANT+搭載で、BONTRAGER Transmitr Wireless Remote(対応機種をリモート操作する)に対応していて、リモコン操作が可能。このリモートシステムでは、最大7つまでペアリングできるので、フロント、リア、ヘルメットなど、複数つけているライトを手元で操作したり、グループライド中にリモコンを持っている人が、参加者全員のライトを必要なタイミングでつけたりするということもできる。

「実はこのリモコン、30〜40m先まで届きます。トレックワールドで紹介した際、ライトの光が離れた場所からでも視認できるという体験をしていただくために、遠くに設置したライトをリモコンで一斉に点灯させたところ、ライトの光が届く距離よりも、リモコンがそこまで届くんだという方に関心が集まってしまったということがありました(笑)」(鈴木店長)

〈マウンター〉BONTRAGER INSTA-MOUNT

BONTRAGER INSTA-MOUNT

写真は、スマートフォン側に貼り付けるアタッチメントパーツ。薄く小さくできている。これをスマートフォンのケースに貼り付けて、セットになっているマウンターをハンドルに取り付ければOK。旅先のナビゲーションなどに、スマートフォンを使いたいという時にも便利。

「細かいグッズですが、なかなか便利な人気商品です。これを取りつけたスマホケースを、自転車にマウントするとき専用ケースとして使っているお客様が多いようです。」(鈴木店長)

Pick Up

BEX ISOYA晴海店では、バイクフィッティング、土日のワークショップやライドイベントなども開催していますので、お気軽に参加してみてはいかがでしょうか。

◯BEX ISOYAのバイクフィッティング
http://www.bex-isoya.com/?page_id=208
◯BEX ISOYAのイベントスケジュール
http://www.bex-isoya.com/?page_id=182

Text:NaoFu

JCXポイント 対象レース

1
茨城シクロクロス2016.10.10 (祝)小貝川リバーサイドパーク詳細へ
2
シクロクロスミーティング2016.10.23 (日)白樺湖詳細へ
3
東北CX Project2016.10.30 (日)UCI2グリバーさがえ (変更)詳細へ
4
東海シクロクロス2016.11.06 (日)ワイルドネイチャープラザ詳細へ
5
関西シクロクロス2016.11.20 (日)UCI2マキノ高原詳細へ
6
シクロクロスミーティング2016.11.26 (土)UCI2野辺山滝沢牧場詳細へ
7
シクロクロスミーティング2016.11.27 (日)UCI2野辺山滝沢牧場詳細へ
-
全日本選手権2016.12.11 (日)道の駅うつのみや ろまんちっく村
8
湘南シクロクロス2016.12.18 (日)中井中央公園 (変更)詳細へ
9
関西シクロクロス2016.12.25 (日)烏丸半島詳細へ
10
中国シクロクロス2017.01.08 (日)山口下関詳細へ
11
東北CX Project2017.01.15 (日)蔵王詳細へ
12
シクロクロス東京2017.2.12 (日)お台場海浜公園詳細へ

OFFICIAL AJOCC PARTNERS