MENU
ランキング
OFFICIAL AJOCC PARTNERS
PARTNER'S STORY

東京サンエスとシクロクロス

この記事をシェアする 

東京サンエス

Jan.7 2016/Talk member:
上司辰治
(東京サンエス 取締役・プロダクトデザイナー)
辻浦圭一
(東京サンエス・シクロクロス全日本9連覇 2003〜2011年)
池本真也
(Frieten 1996~2004年までオランダを拠点にシクロクロスシーズンを活動し、世界選手権、ワールドカップ、全日本選手権等で実績を残す)
2015-16シーズンより東京サンエスより発売予定のJFF #803を先行テスト中。この日はオランダ遠征から帰国のタイミングで合流して頂いた。

東京サンエスとシクロクロス

東京サンエス JFF #803

上司
東京サンエスとシクロクロスのかかわりは1995年頃に遡ります。当時TOYOさんがRITCHEYを作っていて、RITCHEYのノウハウによって、後にTOYOさんと共にTESTACHというブランドを始めました。
その頃、辻浦くんや池本さんが乗ってくれていました。
池本
ぼくは大竹さんからMTBのフレームを借りて乗っていましたね。
上司
この頃、TOYOとOTAKEブランドがあったんやね。
池本
大竹さんはMTBのレジェンドみたいな人です。
上司
大竹さんは日本人で初めてNORBAで表彰台に上がった人で、そのときシマノの開発におられてシマノXTのパーツを開発されました。 そのあと自分でショップを開いて、その後OTAKEというブランドのフレームをMTBとシクロクロス、最近はアーバン系などを作ったりしています。それをTOYOフレームで作っています。OTAKEブランドのフレームは竹の色をしていてね。 大竹雅一:1988年 NORBA(MTB全米選手権)デュアルスラローム 3位(日本人1位)、JMA MTB全日本選手権 2位(日本人1位)、1989年 JMA MTB全日本選手権 1位
池本
緑色の。
上司
通な人が乗っていて、あの色が来ると、「おっ!」と思いますね。その販売をうちでやっています。
上司
1996年に第一回全日本シクロクロス選手権があったんですけど。 それ池本さん出ています?
池本
ぼくはカテゴリー2で出ています。
上司

1996年に第一回全日本シクロクロス選手権 女子優勝 川崎典子拡大する

このときの女子の優勝者が、弊社社員の川崎典子だったんです。DMで色々作っていた中にあって、それをスキャンしたものなんですけど、これがその頃の写真です(1996年のサンエス・ウォッチングより)
福島出身でロード選手を目指していて、シクロクロスもやっていたら第一回大会に優勝したんです。その後、1998年にテスタッチブランドが始まりました。

◯ 東京サンエスとシクロクロスにまつわる主なトピックス
・1995年 RITCHEYブランドのスイスクロス、TOYOブランドのシクロクロスフレームを販売開始
・1996年 長野シクロクロスミーティングに全戦サポートとして参加 以降97、98年スポンンサード
・1996年 当時の弊社社員「川崎典子」が第1回全日本シクロクロス選手権女子にて優勝
・1996年 OTAKEブランドでシクロクロス販売開始
・1998年 TESTACHブランドでシクロクロス販売開始
・2015年 OnebyESUブランドでシクロクロス販売開始

上司

以前は自転車ってマイナーだったじゃないですか。ちょっと走っていれば、競輪選手ですか?と言われることもよくありました。そのなかでもシクロクロスといえば、もうひとつ輪をかけてマイナーだったんです。
東京サンエスがなぜシクロクロスをやったかというと、マーケットとしては難しいところなんですが、シクロクロスという競技にものすごい魅力、価値、引き寄せられるものがあると感じたからですね。

日本での開催を考えた場合、僕も経験がありますが、ロードレースを開催するのは大変です。アスファルトの競技は。しかしシクロクロスの場合、その辺の森や林で出来るかもしれないですし、子供たちも一緒に自転車と触れ合うことができる。

特に自転車も選ばない。ロードバイクでもオフロードへ行ったっていいわけじゃないですか。誰が決めたの?って話で。そんなことを僕らはしていたので、その面白みというのは、子供の頃に初めて自転車に乗ってわーっと駆け巡っていたような領域だと思うんですね。

MTBだとどっちかというと激しさを求めていかないとその魅力はなかなか伝わりにくいかもしれないけど、ロードみたいな自転車で森や林を走ったりすることなら、誰でもすぐそんな体験ができる。
そういう事が出来るのはマーケットとしても面白いかもしれない、というのが凄くあったので、まぁ育てていくしかないんだけども、うちみたいな小さな会社だからこそ出来るのかなと感じていたのがありますね。

だんだん、男子も女子も色んな人が集まってきて、自分たちのパーツを使ってくれて、それによって色々フィードバックを聞くことができて、モノを作ったりしながら一緒に成長させてもらったかなと、シクロクロスには。
今回ご縁があって辻浦くんが社員になってくれたりとか、池本くんが乗ってくれたりとか、こういう人の繋がり方がシクロクロスにはあるんじゃないかなと思います。

自分たちでアイデアを出して、作って、形にして、自分たちで値段を決めて、自分たちの見立てで売る。
そうせざるをえないということもありましたが、そうしてきたので、シクロクロスなんかは本来そういうものじゃないかなと。儲けは少なくていいから、みんなのアイデアを出して、納得して、商売が続けられればいいんじゃないかなと思います。それがひとつの「シクロクロス」というものの考え方と似ている気がします。

東京サンエスのものづくり

上司
選手のアイデアを具現化するのは楽しいですね。
  • ボーダレス カーボンハンドルバー

    ボーダレス カーボンハンドルバー

    辻善光選手が使用。
    「彼はテクニックが足りないと思っているようで、それを機材で補おうと色々工夫しているんです。」

  • ナローサーティー

    ナローサーティー

    辻浦さん発想のサドル。
    「サドルレールの幅が普通は43mmなんですけど、これは30mmなんです。幅を狭くしてスムーズにペダリングしたいという辻浦くんの要望で作りました。」

  • チョコがけケーキサドル

    チョコがけケーキサドル

    坂口聖香選手が使用。
    「サドルを作る工場は世界でも割と少なくて、これは大きな工場で制作されたものですが、これを10個だけ制作するために稼働してくれました。長いことやり続けたおかげです。ここの工場は女性社員が多くて喜んで作ってくれましたね。」

  • JFF #801 製品詳細

    JFF #801

    辻浦さんが入社前から携わったモデル。
    「辻浦くんが入社するとかそんな話がまだ全くない頃に、一緒に何かやりたいなっていうことで始まりました。ネットワークの中で工場を探しましたが、やっぱり僕らはじっくりスチールで作りたかった。辻浦くんと相談しながらディスクのモデルを作ったのがJFF #801というモデルです。」

  • JFF #803

    JFF #803

    期待の最新モデル。
    「軽量化を図るためアルミで作ろうということで、2016年にJFF #803を出す予定です。池本くんには先行して乗ってもらってます。」

池本
JFF #803には(2015年)11月からずっと乗っています。
辻浦
池本さんからフィードバックをもらって足があたるところとか、僕がまだ本格的には乗れていない状況なので、トップレースに出てもらって意見とかフィードバックをもらってようやく市販前の形になってきたところです。
上司

作る側からの話からすると、ちゃんとしたところで作ってもらわないといけないじゃないですか。
しかも数少なく作ってもらわなあかんし、値段もそこそこにしとかなあかんし。
その辺のバランスが凄く難しくて、僕らの希望とか要求に合った丁度いいバランスのところを狙っていくわけですよ。そのためには作ってくれるところとつながりの深い人たちと一緒に行かなければならないし。
スチールの時もそうやったんだけれども、いろいろ要望を言いすぎて、向こうの社長さんから「もう止める」と言われて、「えーそんなこと言わんとちょっとまとってください。このぐらいでお願いします」などと言いながら進めました。(笑)

ただ、ポリシーというか、考え方はこうしたいというものはしっかりあるので、今回のアルミ(JFF #803)も、有名なブランドで1日に何千台も作ってはるところにお願いしています。こんなちっちゃな会社の規模で作ってもらえるのは本当にありがたいことです。そして、大手のメーカーの出来ないことをしていかないといけないと思うわけですが、そこに一流の人達のノウハウを入れていけるのはありがたいことです。

辻浦
アルミが生まれたのは、軽さと価格帯です。スチールは乗り心地もいいし操作性もいいので、それを池本さんや他の人にも乗っていただいたのですが、やっぱり軽くなきゃいけないということと、2台そろえられる値段でないとシクロクロスとしてレースが成り立たないというフィードバックを受けました。
日本のレースではまだまだ2台も必要「?」マークがつく人も多いと思うんですが。
池本
(日本のレースでは)1台で走り切れちゃうんですよね。
辻浦
日本のレースは、泥って言っても、泥はつくけどそんなに泥じゃないというレースが多いですね。
そんな中でも、2台持って、ちゃんと走れて、トップレーサーじゃなくてもきちんとシクロクロスというレースを知ってもらおう!というコンセプトで生まれました。そこで一番重要視したのは、選手からの要望が強かった「軽さ」です。
池本
自転車を持って担ぐ競技は他にはないので、重さを直接感じる競技ですね。軽くてマイナスなことはないと思います。フレームが軽いと、他のパーツで軽くするより、より軽く感じるんですよね。
重いフレームに軽いパーツを付けて重量自体が軽くなっても、やっぱり重く感じるんです。
アルミフレームで軽く作ってもらって、フォークはカーボンフォークで、コンポーネントは105で無理なく2台揃えて無理なくレースに出れるというのが、よりレースを楽しめるんじゃないかなと思いますね。
辻浦

せっかく遠くまで行って走るんだったら、ちゃんとそのカテゴリーの時間を走ってもらいたいし、ちゃんとした自転車に乗ってそのレースを楽しんでもらいたいという思いがあります。なおかつトップの選手が使っても納得できるものにしたい。

今回ディスクにしなかったのは、少ない負担でシクロクロスを楽しんでもらいたいから。
自転車は2台ですがホイールは路面コンディションに合わせて何セットも必要になったりとか、チューブラーのタイヤも必要だとか、それをいきなり揃えるとなると大変じゃないですか。ディスクにすると2台揃えるだけでも大変です。
海外遠征したとしても、トラブルがあったらオイルラインだとメンテナンスに時間がかかったりするんで、ワイヤーの方がメンテナンスも容易で、コストも抑えられて手に入りやすい。
極端な話、昔ロードで使っていたホイールを持ってきてタイヤを履き替えただけでも用意できる。
2台揃えなかったとしても気軽に始められるし、そういう部分でちょっとでも軽減できたら、シクロクロスの楽しさを味わえる人が増えるんじゃないかなというところで、ディスクからカンチブレーキに変更したんです。(注:初代のスチール製JFF #801はディスク仕様でした)

上司
それに、まだ値段を付けていないんですが、安いだろうと思います(笑)
同じもの2台持つなんて憧れですよね!それでちょっとだけ色が違うとか。
辻浦
それを味わってもらいたいです。
池本
試走でリアメカもげちゃったりして、本番で使えなくなることもありますよね。たとえピットを使わないカテゴリーであっても、2台あるといいですよね。
辻浦
チャンピオンを取った年に海外遠征をしたときは、バイクが揃っていませんでした。パーツがばらばらで、バイク交換するんですけど全然乗れないというか、日本チャンピオンとして準備をして行ったつもりだったんですが、そういう自転車で行って情けないというか恥ずかしい思いをして帰ってきました。むこうでは、ナショナルレースというアマチュアからトップまで出れるレースがあるんですが、そういう人達もちゃんと2台揃えてくるんです。
池本
かといって、彼らのは決して高い自転車じゃないんです。2台ないと走れないですから、実際。
辻浦

それをしなかったことで、自分にしっぺ返しがくるというか、走っている本人が楽しくないです。
そういう競技なので、そういうところまで味わってもらいたいというのが今回のアルミのシクロクロスにはありますね。

今回池本さんがオランダから帰られて、フレームどうでしたか?って聞いたら「すごくよかった」って言ってくださって、お世辞ですか?って聞いたら「いや違う」って聞いてすごく安心しました(笑)
時間とお金を費やして向こう行ってるんで、トラブルなく怪我なく走り切ってもらいたいという思いが凄くあります。

Link!

詳しい製品の最新カタログはこちらでご覧いただけます
東京サンエスカタログVo.23

次回は、辻浦さんと自転車の出会いや、オランダ・ベルギーでのシクロクロスレース出場などについても伺います。お楽しみに。

Text:Kei&NaoFu

JCXポイント 対象レース

1
茨城シクロクロス2016.10.10 (祝)小貝川リバーサイドパーク詳細へ
2
シクロクロスミーティング2016.10.23 (日)白樺湖詳細へ
3
東北CX Project2016.10.30 (日)UCI2グリバーさがえ (変更)詳細へ
4
東海シクロクロス2016.11.06 (日)ワイルドネイチャープラザ詳細へ
5
関西シクロクロス2016.11.20 (日)UCI2マキノ高原詳細へ
6
シクロクロスミーティング2016.11.26 (土)UCI2野辺山滝沢牧場詳細へ
7
シクロクロスミーティング2016.11.27 (日)UCI2野辺山滝沢牧場詳細へ
-
全日本選手権2016.12.11 (日)道の駅うつのみや ろまんちっく村
8
湘南シクロクロス2016.12.18 (日)中井中央公園 (変更)詳細へ
9
関西シクロクロス2016.12.25 (日)烏丸半島詳細へ
10
中国シクロクロス2017.01.08 (日)山口下関詳細へ
11
東北CX Project2017.01.15 (日)蔵王詳細へ
12
シクロクロス東京2017.2.12 (日)お台場海浜公園詳細へ

OFFICIAL AJOCC PARTNERS