MENU
ランキング
OFFICIAL AJOCC PARTNERS
PARTNER'S STORY

シクロクロスの基礎練習

この記事をシェアする 

東京サンエス

Sep.29 2016/Member:
辻浦圭一
(東京サンエス・シクロクロス全日本9連覇 2003〜2011年)
池本真也
(Frieten 1996~2004年までオランダを拠点にシクロクロスシーズンを活動し、世界選手権、ワールドカップ、全日本選手権等で実績を残す)
根本丈司
(東京サンエス オリジナル事業部部長)

今回、「実際に普段の練習の一端を体験してもらおう!」という辻浦さんの発案によって、スタッフが一緒に練習体験をさせていただくことになりました。シクロクロスの練習として、どのようなことをしたらよいか迷っている方に少しでもお役に立てれば幸いです。

前の人にぴったりついて走る
【舗装路編】

辻浦
これから行う練習は基礎練習です。とにかく基礎の繰り返し。反復することで、体に染み込ませます。
ということで、今日はそれを少し体験してもらいます!

ロードレースで、前にぴったりついて走るというような経験はありますか?
ロードで後ろにぴったりついて走ることに慣れている人は最初からオフロードで、そうでない人はまずは舗装路で体を慣らしてからオフロードで行うといいでしょう。

舗装路での基礎練習

辻浦
大事なのは、なるべくぴったりついていくこと。そのためにもコーナーでも足を止めず、ペダリングしないといけません。「当て効き」と言われますが、ブレーキを軽く当てながらもペダリングをしていきます。
先頭交代は、どうぞと示されるより前に、勝手に自分から前方に出ていくイメージです。また、先頭交代をするというよりも、ちゃんと後ろにつくというのを心がけます。前からさがる時は少しペースを落として回します。最後尾につく時は、もうちょっと踏み回して、つくことができたら再度回していきます。
池本
力の差もあると思うので、先頭は2〜3秒とか、5秒もひけば充分でしょう。
辻浦
コーナーであえて僕が交代したのは、抜くタイミングを考えたり、回すのを怖がったりして、ペダリングをとめない練習です。ロードと違って、いきなり前の人が進路変更するという可能性も考えられるので、いつでもどこでも前へ行けるような心構えで走ります。
池本
ワット計を見ながら個人でトレーニングするのとは違って、ひとりでは出来ない練習ですよね。
辻浦
もちろんトレーニングには数値も必要な要素ですが、オフロードへ入った時にもどれだけ同じようにパワーを出して、なおかつ"ラク"できるかというのが大切です。オフロードでも、後ろについて走る方が、断然"ラク"なんですよ!

前の人にぴったりついて走る
【オフロード編】

池本
後ろについて走っていると、コースが見えてきます。この先どこへ行くか、コーナーではラインが分からないこともありますよね。そんなときも、誰かの後ろ何番手かについている方が分かりやすいと思います。
辻浦
前の人のラインをはずさなければ曲がっていけるという場合もありますよね。前の選手を抜こうとして、あえて違うラインを選んだりすると、実はそこが通れなかったり、石があってパンクしたりなんてこともあります。そういうリスクを避けるためにも、なるべく後ろに付いた方がいいと思うんです。

オフロードでの基礎練習

ライントレース
ライントレース

辻浦
後ろにつかれても、焦る必要はないですよ、自分のラインを通ってるだけと思っていればいいです。ただ、後ろにつかれることに慣れていないと焦りを感じると思います。「後ろに追いつかれたから、もっと速く走らなくちゃ」となるわけですね。
でも、追いつかれたわけではないんです。最初から後ろの方にいて、ただ単に一緒のペースで走ってるだけなんです。
レース中、ひたすら力勝負をするのではなく、休めるときには休んで、力を出すときには思いっきり出せるようにしたいですね。
池本
そうやって後ろについて走ることに慣れていくと、だんだんポジションも変わってくると思います。人の後ろについて走れるポジション。そしてその状態でブレーキングが柔軟にできるポジション。
辻浦
ロードからシクロクロスを始めた人で、ロードと同じポジションで走っている人もいると思いますが、いざオフロードへ入った時に、そのポジションで細かいバイクのコントロールが出来るのかというと、たぶん難しいと思うんですよね。

どんな場面でもペダリングを続けて、できるだけ足をとめないこと。

辻浦
ヨーロッパで意識させられたのは、どんな場面でもペダリングをし続けてとめないこと。コーナーなどで少し足をとめたとしても、なるべく早いタイミングでまたペダリングし始めます。

いつでもペダリングし続けて走る

池本
上手い人、速い人ほど、ずっとペダルを回しているんですよ。下ってるときでもちゃんと踏んでいたり。
辻浦
下りで加速できたら、次のところがラクになります。下りで休むより、そこでスピードをつけて、次の上りが休める方が"ラク"に走れますよね。

途中でペダリングをとめてしまい、前の選手との差があっという間に開いてしまう

基礎を反復練習することはとても大事です。

ライントレース

辻浦
こんな風に、練習と言っても特別なことをするのではなくて、ヨーロッパでは基礎練習としてよく行われているようなものですが、意外とこうした練習をしていないなと、思い当たる方もいるのではないでしょうか。

僕が参加したものでは、毎週火曜日の午後2時半から4時半まで、子どもからプロの選手までが集まってみんなで一緒に、こうしたトレーニングしていたんですよ。
森の中を今日やったみたいに、前の人にぴったりくっついて走るんです。直線のところではスプリントしてみたり、途中にバリエーションをつくって走ります。
例えば、今日やってみたルートを逆に回るだけで、バリエーションを増やすことができます。逆回りにするだけでも、コースの印象が変わりますし、左右が変わるとバランスのとり方も変わりますよね。

これが基礎ですが、この基礎ができていると応用がきくようになるので、基礎を反復練習することはとても大事です。

シクロクロスのレースは、1時間(C1のレース時間)のタイムトライアルをしているようなものですが、その中の「どこでどんな風に自分の力を使うか」ということを考えたら、やはり力を抜くところと入れるところのメリハリが必要になってくると思います。いざ頑張るところで頑張れるために、"ラク"できるところでは"ラク"するように。
そのメリハリを体感しながら練習するのが、今日やった基礎練習というわけです。

練習で引き出しを増やす。

練習で引き出しを増やす

辻浦
練習で出来ないことを、レースでやろうとするのは難しいですよね。練習で出来て、レースで出来ないこともありますけど(笑)。
池本
例えば、森の中のシングルトラックのようなところでみんなで攻めて走ったら、すごくいい練習になっています。マウンテンバイクで行くなら楽しく走れると思うけど、シクロクロスで行くとかなりてんやわんやなコースで(笑)。でも、そうやって厳しいコースで攻めた練習をしておくと、レースに出た時に今度は"ラク"に感じられるんですよね。
辻浦
僕、そこの池本さんが行かなかったルートに行ってみたことあるんですよ。
池本
「いけるんじゃない?」って言って、本当に行っちゃったんだよね。
辻浦
ただ本当にチャレンジしただけ、になりましたよ! 雨の日で、そこは崖みたいなところで(笑)
池本
ところで、国内のレースでは、多くの選手がとても熱心に試走しているのを見ますよね。ヨーロッパのレースではどうかというと、選手たちはそんなに何周も試走していないんですよ。毎年だいたい会場が同じというのもあると思いますが、1〜2周もしたら「今日はこんな感じかな?」という風に試走を終えてしまいます。なぜかというと、いろんな場面に対応できる力量を持っているからなんです。
辻浦
そう、レースの引き出しをいっぱい持ってる。
池本
練習をレース会場でやる必要はないんですよね。普段の練習で、レースでの対応力を上げておくというのも大事です。

飛び乗る?

自転車の乗り降りは、シクロクロスならではの動作です。特に乗車については『飛び乗る』と言われることも多いですが、お二人に実際に飛び乗ってますか?と尋ねたところ・・・
「結果的に飛び乗っているように見えるだけですね。実際にジャンプして乗ったら...痛いですよね(笑)」と、辻浦さん。
「右の内股のところに当てるようにして、またぐという感じかな。」と、池本さん。
うまく滑り込むようにして乗車するお二人は、お尻とサドルとの間が狭く、サドルに落ちて着地する感じがありませんでした!

Link!

池本さんいわく、「自転車は末端を軽くしています。ハンドル周りやシートピラーなど、車体の上部を軽くしてあげると、より軽く感じるんですよね。頭のなかで『軽い』って思っていると担げるというのもありますしね! 気持ちに余裕も出てきます。」とのこと。「楽しく思えるじゃないですか、自転車が軽いのって!」と、辻浦さん。
お二人が乗るJFFシリーズに関する情報はこちらから
東京サンエス JFF#801、JFF#803関連記事一覧ページ

Text:Kei&NaoFu ※対談部分は、敬称を省略させていただいています。※公道では安全な車間距離が必要です。

JCXポイント 対象レース

1
茨城シクロクロス2016.10.10 (祝)小貝川リバーサイドパーク詳細へ
2
シクロクロスミーティング2016.10.23 (日)白樺湖詳細へ
3
東北CX Project2016.10.30 (日)UCI2グリバーさがえ (変更)詳細へ
4
東海シクロクロス2016.11.06 (日)ワイルドネイチャープラザ詳細へ
5
関西シクロクロス2016.11.20 (日)UCI2マキノ高原詳細へ
6
シクロクロスミーティング2016.11.26 (土)UCI2野辺山滝沢牧場詳細へ
7
シクロクロスミーティング2016.11.27 (日)UCI2野辺山滝沢牧場詳細へ
-
全日本選手権2016.12.11 (日)道の駅うつのみや ろまんちっく村
8
湘南シクロクロス2016.12.18 (日)中井中央公園 (変更)詳細へ
9
関西シクロクロス2016.12.25 (日)烏丸半島詳細へ
10
中国シクロクロス2017.01.08 (日)山口下関詳細へ
11
東北CX Project2017.01.15 (日)蔵王詳細へ
12
シクロクロス東京2017.2.12 (日)お台場海浜公園詳細へ

OFFICIAL AJOCC PARTNERS