ABOUT

AJOCCおよびAJOCC主催レースについて

AJOCC(一般社団法人日本シクロクロス競技主催者協会)とは

このサイトは、日本国内のシクロクロス競技の普及発展、参加のための情報提供の場です。
1995年11月に「Cyclocross in Japan」として大会情報の発信や日本からのオピニオンを海外に伝えるために始まり、以後AJOCC(日本シクロクロス競技主催者協会)として事業を継続。現在は全国各地にシクロクロス大会が広がりを見せています。気軽に参加できるシクロクロス大会の運営、競技レベルの向上、公平なルールと全国共通カテゴリー制度の実現のために活動しています。
2016年8月より「一般社団法人日本シクロクロス競技主催者協会」として法人化し、発展的に継続していきます。

一般社団法人AJOCC定款

第1章 総則

(名称)
第1条 この法人は、一般社団法人日本シクロクロス競技主催者協会と称する。
2 この法人は英文で、Association of Japan Cyclo-Cross Organizers と表示し、略称をAJOCCと表示する。

(事務所)
第2条 この法人は、主たる事務所を茨城県つくば市二の宮3丁目16番地2に置く。

(目的)
第3条 この法人は、公益財団法人日本自転車競技連盟の競技規則に従いシクロクロス競技を実施する大会主催者を統轄し代表する団体として、シクロクロス競技の普及振興と、シクロクロス競技者の心身の健全な発達に寄与することを目的とする。

(事業)
第4条 この法人は、前条の目的を達成するために次の事業を行う。
(1) 公益財団法人日本自転車競技連盟シクロクロス小委員会に協力し、シクロクロス競技会主催者間の連携と調整を図ること。
(2) シクロクロス競技大会の運営技術の向上及び普及に関する活動や研究。
(3) シクロクロス競技に関する資料の収集、保存及びホームページ等による情報発信を行うこと。
(4) Japan Cyclo-Cross(JCX)シリーズ戦を主催すること。
(5) その他この法人の目的を達成するために必要な事業。

(公告方法)
第5条 この法人の公告は、電子公告により行う。ただし、事故その他やむを得ない事由によって電子公告をすることができない場合は、官報に掲載する方法により行う。

第2章 会員

(種別)
第6条 この法人に次の会員を置き、正会員を持って一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(以下「一般法人法」という。)上の社員とする。
1. 正会員 この法人の目的に賛同して入会した大会主催者または大会主催団体。
2. 賛助会員 この法人の事業を賛助するために入会した個人または団体。
3. 名誉会員 この法人に功績のあった者又は学識経験者で社員総会において推薦された者。

(入社)
正会員又は賛助会員として入会しようとするものは、別に定めるところにより申し込み、理事会の決議において理事の3分の2以上に当たる多数の決議を得るものとする。

(資格の喪失)
第7条 会員は、次の事由によってその資格を喪失する。
(1) 退社
(2) 除名

(退社)
第8条 第6条の会員が退社しようとするときは、その理由を付して脱退届を提出し、理事の過半数が出席した理事会においてその過半数の決議を得なければならない。

(除名)
第9条 第6条の会員が次の各号の一に該当するときは、一般法人法第49条第2項に定める決議によって、これを除名することができる。
(1) この法人の社員としての義務に違反したとき。
(2) この法人の名誉を傷つけ、又はこの法人の目的に違反する行為のあったとき。
(3) 第11条の分担金を2年以上滞納したとき。

(会員名簿)
第10条 この法人は、会員の氏名及び住所を記載した名簿を作成する。

(分担金)
第11条 第6条の正会員は、別に定める分担金を毎年納入しなければならない。
2 既納の分担金は、いかなる理由があってもこれを返還しない。

第3章 社員総会

(構成)
第12条 社員総会は、正会員をもって構成する。なお、賛助会員も社員総会に出席し意見を述べることができる。ただし、議決権については第17条のとおりとする。

(権限)
第13条 社員総会は、次の事項について決議する。
(1) 会員の除名
(2) 理事及び監事の選任又は解任
(3) 事業計画及び予算、並びに事業実施報告及び決算の承認
(4) 定款の変更
(5) 解散及び余剰財産の処分
(6) 前号に定めるもののほか、一般法人法に規定する事項及びこの定款で定める事項

(開催)
第14条 この法人の社員総会は、定時社員総会及び臨時社員総会とし、定時社員総会は、毎年事業年度の終了後3か月以内に開催し、臨時社員総会は、必要に応じて開催する。

(招集)
第15条 社員総会は、法令に別段の定めがある場合を除き、理事会の決議に基づき会長が招集する。

(議長)
第16条 社員総会の議長は、会長がこれに当たる。

(議決権)
第17条 社員総会における議決権は、正会員1名につき1個とする。

(代理)
第18条 社員総会に出席できない正会員は、他の正会員を代理人として議決権の行使を委任することができる。この場合においては、当該正会員又は代理人は、代理権を証明する書類を当法人に提出しなければならない。

(決議)
第19条 社員総会の決議は、議決権の過半数を有する社員が出席し、出席した当該社員の議決権の過半数をもって行う。
2 一般法人法第49条第2項の決議は、総社員の半数以上であって、総社員の議決権の3分の2以上に当たる多数をもって行う。

(議事録)
第20条 社員総会の議事については、法令の定めるところにより、議事録を作成する。
2 議長及び出席した理事は、前項の議事録に記名押印する。

第4章 役員

(役員の設置)
第21条 この法人に、次の役員を置く。
(1) 理事 5名以上8名以内
(2) 監事 1名以上3名以内
2 理事のうち1名を会長とする。また、会長を除く2名以内を副会長とすることができる。
3 前項の会長を法人法上の代表理事とする。

(役員の選任)
第22条 理事及び監事は、社員総会の決議によって選任する。
2 会長、副会長は、理事会の決議によって理事の中から選定する。
3 監事は、この法人又はその子法人の理事又は事務局を兼ねることはできない。

(理事の職務及び権限)
第23条 理事は、理事会を構成し、法令及びこの定款で定めるところにより、職務を執行する。
2 会長は、法令及びこの定款で定めるところにより、この法人を代表し、その業務を執行する。
3 副会長は、会長を補佐し、会長が欠けたとき又は会長に事故があるときは、理事会があらかじめ指定した順序によって、会長の職務を代行する。

(監事の職務及び権限)
第24条 監事は、理事の職務の執行を監査し、法令で定めるところにより、監査報告を作成する。
2 監事は、いつでも、理事及び事務局に対して事業の報告を求め、この法人の業務及び財産の状況の調査をすることができる。

(役員の任期)
第25条 理事の任期は、選任後2年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する社員総会の終結の時までとする。
2 監事の任期は、選任後2年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する社員総会の終結の時までとする。
3 前2項にかかわらず、補欠として選任された理事又は監事の任期は、前任者の任期の満了する時までとする。
4 理事及び監事については、再任を妨げない。
5 理事又は監事は、第21条に定める定数に足りなくなるときは、任期の満了又は辞任により退任した後も、新たに選任された者が就任するまで、なお理事又は監事としての権利義務を有する。

(役員の解任)
第26条 理事又は監事が次のいずれかに該当するときは、社員総会の決議によって解任することができる。
(1) 職務上の義務に違反し、又は職務を怠ったとき。
(2) 心身の故障のため、職務の執行に支障があり、又はこれに堪えないとき。

(報酬等)
第27条 理事及び監事は、無報酬とする。ただし、常勤の理事及び監事に対しては、社員総会において別に定める報酬等の支給の基準に従って算定した額を報酬等として支給することができる。

第5章 理事会

(構成)
第28条 理事会は、すべての理事をもって構成する。

(権限)
第29条 理事会は、次の職務を行う。
(1) この法人の業務執行の決定
(2) 理事の職務の執行の監督
(3) 代表理事の選定及び解職

(招集)
第30条 理事会は、会長が招集する。
2 会長が欠けたとき又は会長に事故があるときは、会長があらかじめ指定した副会長が理事会を招集する。

(議長)
第31条 理事会の議長は、会長とする。
2 会長が欠けたとき又は会長に事故があるときは、会長があらかじめ指定した副会長が理事会の議長となる。

(決議)
第32条 理事会の決議は、この定款に別段の定めがある場合を除き、議決に加わることができる理事の過半数が出席し、その過半数をもって行う。
2 前項の規定にかかわらず、一般法人法第96条の要件を満たすときは、当該提案を可決する旨の理事会の決議があったものとみなす。

(議事録)
第33条 理事会の議事については、法令で定めるところにより、議事録を作成する。
2 理事会に出席した会長、副会長及び監事は、前項の議事録に記名押印する。ただし、会長の選定を行う理事会については、他の出席した理事も記名押印する。

第6章 会計

(事業年度)
第34条 この法人の事業年度は、毎年5月1日に始まり、翌年4月30日に終わる。

(事業計画及び収支予算)
第35条 この法人の事業計画書、収支予算書、資金調達及び設備投資の見込みを記載した書類については、毎事業年度開始の日の前日までに、会長が作成し、理事会の決議を受けなければならない。これを変更する場合も同様とする。
2 前項の書類については、主たる事務所に、当該事業年度が終了するまでの間備え置き、一般の閲覧に供するものとする。

(事業報告及び決算)
第36条 この法人の事業報告及び決算については、毎事業年度終了後3か月以内に、会長が次の書類を作成し、監事の監査を受けた上で、理事会の承認を経て社員総会に提出し、第1号及び第2号の書類についてはその内容を報告し、第3号から第5号までの書類については承認を受けなければならない。
(1) 事業報告
(2) 事業報告の附属明細書
(3) 貸借対照表
(4) 損益計算書(正味財産増減計算書)
(5) 貸惜対照表及び損益計算書(正味財産増減計算書)の附属明細書
2 前項の書類のほか、監査報告書を主たる事務所に5年間備え置き、個人の住所に関する記載を除き、一般の閲覧に供するものとする。

(剰余金の不分配)
第37条 当法人は、剰余金の分配を行わない。

第7章 事務局

(事務局)
第38条 この法人の事務を処理するため、事務局を設け事務局長を置く。
2 事務局長の選任及び解任は、会長が行う。
3 職員は、有給とする。
4 事務局に関する事項は、理事会の議決を経て別に定める。

第8章 定款の変更及び解散

(定款の変更)
第39条 この定款は、社員総会における、社員の半数以上の出席であって、社員の3分の2以上の決議によって変更することができる。

(解散)
第40条 この法人は、一般法人法第148条第4号から第7号までに規定する事由による他、社員総会における、総社員の半数以上の出席であって、総社員の3分の2以上の決議その他法令に定める事由によって解散する。

(残余財産の帰属)
第41条 この法人が清算をする場合において有する残余財産は、社員総会の決議を経て公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律第5条第17号に掲げる当法人と類似の事業を目的とする公益法人又は国若しくは地方公共団体に贈与するものとする。

第9章 附則

(最初の事業年度)
第42条 当法人の最初の年度は、当法人の設立の日から平成29年4月30日までとする。

(設立時の役員)
第43条 当法人の設立時理事、設立時代表理事及び設立時監事は、次のとおりとする。
設立時理事 棈木亮二 岡本慎治 影山善明 熊本彰廣 矢野大介
設立時代表理事 矢野大介
設立時監事 矢野淳

(設立時社員の氏名及び住所)
第44条 この法人の設立時社員の氏名及び住所は、次のとおりである。
棈木亮二
影山善明

(定款に定めのない事項)
第45条 本定款に定めのない事項は、すべて一般法人法その他の法令に従う。

AJOCC主催レースへ参加する 2017-2018

初めて参加するには

  • 各地のオルガナイザーが発表するエントリー方法に従ってお申し込みください。
  • 初めて参加される方にはAJOCC番号はありません。空欄のままでお申し込みください。
    受付後にあなた固有のAJOCC番号が発行されますので、次回以降のエントリーの際には必ずご記入ください。
  • 男性は C4 または CM3 から、女性は CL3 または CL2からご参加ください。(ロードレース、マウンテンバイクレースでの成績をお持ちの方は個別にご相談ください。)
  • シーズン中に実力別カテゴリーとマスターズカテゴリーを移動することはできません。(例 : 1度 C4 にエントリーした場合、CM3 へはエントリーできません。)

自分のAJOCC番号を知りたい

AJOCC番号や、カテゴリの確認は、RIDERS ページよりご確認ください。 掲載されているカテゴリ、氏名等のお問い合わせは info@cyclocross.jp までお送りください。

【チーム名について】
AJOCCではチーム名は管理いたしません。各大会での申し込み時に、自身のチーム名を記入申請してください。各大会毎にリザルトに反映されます。

シクロクロス競技規則 2017-2018

UCI , JCFは共通の競技規則であり、これが基本である。
UCI : PART 5 CYCLO-CROSS (version on 28.06.2017)
JCF : 05_シクロクロス競技 (2017/06/28版)
UCI規則では9月から2月末であるが、AJOCCでは3月までの試合を対象にする。(2012.9.1)

カテゴリーについて その1 カテゴリーの区分と競技時間

各カテゴリーの年齢規定は、2018年12月31日までに達する年齢が適用される。(表記中の中学生・小学生の学年については、大会当日の学年で判断して下さい。)

① 男子実力別カテゴリーは4区分
 C1 60分
 C2 40分
 C3 30分
 C4 30分

② 女子実力別カテゴリーは3区分 
 CL1(2001年以前生まれ) 40分
 CL2(2003年以前生まれ) 30分
 CL3(中学1年生以上) 15分

③ 男子マスターズ(1978年以前生まれ)カテゴリーは3区分
 CM1 40分
 CM2 30分
 CM3 30分

④ ジュニア以下のカテゴリーについては以下をAJOCC共通カテゴリーとする。
地域特性に応じて各オルガナイザーが変更する場合がある。(CKの競争時間は目安とする。)
 ジュニア(2000年〜2001年生まれ男子) 40分
 U17(2002年〜2003年生まれ男子) 30分
 U15(2004年生まれ~中学1年生男子) 15分
 CK3(小学校6年生~5年生) 10分程度
 CK2(小学校4年生~3年生) 10分程度
 CK1(小学校2年生~1年生) 10分程度
*過度な競技負荷を避けるため、ジュニアはC2(40分競争)まで、U17はC3(30分競争)まで参加可能とする。

⑤ カテゴリーの移動について
・シーズン途中に男子実力別とマスターズ間を移動することはできない。

・シーズン開始時に男子実力別からマスターズへ移動を希望するときは以下のとおりとする。(シーズン初レースにエントリーの時、主催者に報告すること。)
 C1→CM1へ移動
 C2→CM2へ移動
 C3、C4→CM3へ移動

・シーズン開始時にマスターズから男子実力別へ移動を希望するときは以下のとおりとする。(シーズン初レースにエントリーの時、主催者に報告すること。)
 CM1→C2へ移動
 CM2→C3へ移動
 CM3→C4へ移動

・マスターズを実施しない地域でのマスターズ選手の参加カテゴリーについては以下のとおりとする。
 CM1→C2
 CM2→C3
 CM3→C4

・前シーズンにジュニア以下の選手で、新シーズンに上位カテゴリーへ出走が可能な年齢となりそれを希望する者は、実績を添えて主催者に問い合わせること

カテゴリーについて その2 レースの実施

参加人数により複数カテゴリーの混走を可能とする。
(例)C3+C4、C2+CM1

カテゴリーについて その3 昇格・降格

① 男子実力別カテゴリーの昇格基準
 新規参加者はC4からとし、各カテゴリー間の昇格は以下の表のとおりとする。
 新規参加者であってもロードやMTBレースの実績によりC3又はC2からの参加を認めることがある。
 C1、C2 は JCF 競技者登録必須カテゴリーのため、登録を済ませた者のみが昇格資格を有する。

出走人数昇格人数 → C1昇格人数 → C2,C3
10人未満 昇格無し
10〜19人 1名 1名
20〜39 2名
40人以上 2名 3名

注:出走人数5〜9人の場合シリーズ2勝で特例昇格

② 女子実力別カテゴリーの昇格基準
 CL2からCL1への昇格は以下の表のとおりとし、CL3からCL2への昇格は自主申告とする。
 また、新規参加者はCL2、CL3のいずれかを選択できる。
 全日本選手権出場を希望する者には、シーズン当初にオーガナイザー推薦でCL1登録を許可することができる。
 CL1 は JCF 競技者登録必須カテゴリーのため、登録を済ませた者のみが昇格資格を有する。

出走内容昇格内容
6人未満 昇格無し
6人以上で1勝 昇格できる
6人以上で2勝 昇格は必須

③ 男子マスターズ(40歳以上)の昇格基準
 新規参加者はCM3からとし、各カテゴリー間の昇格は以下の表のとおりとする。
 新規参加者であってもロードやMTBレースの実績によりCM2からの参加を認めることがある。
 CM1 は JCF 競技者登録必須カテゴリーのため、登録を済ませた者のみが昇格資格を有する。

出走人数昇格人数 →CM1昇格人数 →CM2
10人未満 昇格無し
10〜19人 1名 1名
20〜39 2名
40人以上 2名 3名

④ 複数カテゴリーでの昇格基準
 複数カテゴリーで実施されたレースについては、上位カテゴリーと同条件の昇格基準となる。
 但しレースカテゴリー CM1+2+3 は特例とする。

▼ 男子実力別
レースカテゴリー C2 → C1 へ昇格
レースカテゴリー C3 → C2 へ昇格
レースカテゴリー C4 → C3 へ昇格
レースカテゴリー C3+4 → C2 へ昇格

▼ 男子マスターズ
レースカテゴリー CM2 → CM1へ昇格
レースカテゴリー CM3 → CM2へ昇格
レースカテゴリー CM2+3 → CM1 へ昇格
レースカテゴリー CM1+2+3 → 1位は CM1 へ昇格、2、3位は CM2 へ昇格(*)
(*)CM1の選手が1〜3位のときはそれより下位の者が繰り上がりで昇格になることはなく、また昇格人数は出走人数により判断される。(『昇格人数→CM2』の出走人数基準を適用する。)

⑤ 残留基準について
 以下の残留基準を満たさない者はシーズン終了後に降格となる。
 ・出走人数を基準にして1/4(25%)以内の順位 1回以上の実績を残した者
 ・出走人数を基準にして2/3(66%)以内の順位 3回以上の実績を残した者
 ・CL1からの降格は当面の間は行わない。
 なお、2017-2018シーズンには C1、C2、C3、CL1、CM1、CM2 の各カテゴリにおいて試行的にランキング制を導入し公表する。このランキング制は翌 2018-2019シーズン終了時の降格の基準に採用することを目指す。

⑥ 複数カテゴリーでの残留基準
複数カテゴリーで実施されたレースの場合も単独カテゴリーと同条件とし、所属カテゴリーの残留基準を適用する。

機材

【バイク】
 C1、C2、CJ、CL1、CM1については、競技規則に則ったシクロクロスバイクで出走すること。(MTBでの参加は不可)
 CL2以下・CM2以下についてはシクロクロスバイクでの出走を強く推奨(*)とする。
 *スタート時の安全確保の点から、MTBなどフラットバータイプの車両はスタート位置が後方になる場合があります。主催者の判断に従ってください。
 イベントによってはMTBファットタイヤなどに関して規制を設ける場合があります。主催者の判断に従ってください。

【タイヤ】
 シクロクロス競技におけるタイヤ幅は実測33mmを超えないことと規則で定められています。JCF登録必須のカテゴリーについてはこれに従ってください。
 注:JCF規則で「実測33mm超えても製造表記が33mm以下であれば使用可」の特例がありますが、あくまで製造後に時間を経たチューブラータイヤなどの「膨張」に対する特例です。

  • UCIポイントが付与されるレースにおいては、この特例は認められません。
  • 実測33mmを超える製造表記33mm以下のチューブラータイヤは、この特例に基づき認めます。
  • 組み合わせ上明らかに実測33mmを超えるアッセンブル(例:ワイドリムに32mmチューブレスタイヤをはめて実測33mmを超える場合)は認めません。
  • タイヤラベル類の偽造行為はいかなる場合も認めません。

【ヘルメット】
 JCF登録必須のカテゴリーについてはJCF公認シールのついたヘルメットを着用すること。
 他のカテゴリーについても同等の安全性のヘルメットを着用すること。

JCF登録

AJOCCシクロクロスは競技会であり、選手は競技規則を遵守して競技に参加することの自覚を高めるため、上位カテゴリーではJCF登録を必須とします。また、競技者登録には賠償責任保険も付帯しますので、必須のカテゴリー以外でも競技に参加される方は登録される事を推奨します。
2018年(平成30年)競技者登録について
賠償責任保険について
 
(1)競技者登録を必須とするカテゴリーはC1、C2、CJ、CL1、CM1とする。

(2)運用
 ① 上記(1)についてはエントリーに際し有効な登録番号を記載し、主催者はこれを確認してエントリーを受け付ける。
 ② 競技者登録必須カテゴリーへの昇格は、登録を済ませた者のみが資格を有する。
 ③ C3、CL2、CM2 から昇格する際に競技者登録の無い者は、昇格から次の大会までに登録を済ませること。

(3)その他
 2017年から、有効な国内ライセンスを保有していれば、日本国内で開催される国際大会に参加する事ができるようになりました。(国内の UCI レースに出場するために、別途「国際ライセンス」を取得する必要はありません。)

AJOCC ランキング

対象カテゴリー:C1、CL1、C2
2017-2018シーズンは C3、CM1、CM2 の各カテゴリにおいても試行的にランキング制を導入し公表する。
ポイントテーブルは 1位28点から20位まで1点の得点表に、出走人数に応じて、1.5倍、2倍の係数をかけたものとする。

出走人数1位2位3位4位5位6位7位8位9位10位
1〜19人 28 20 15 12 10 8 6 5 4 3
20〜39人 42 34 28 24 21 18 15 13 11 10
40人〜 56 47 41 36 32 28 25 22 20 18
出走人数11位12位13位14位15位16位17位18位19位20位
1〜19人 3 2 2 2 1 1 1 1 1 -
20〜39人 9 8 7 6 6 5 5 4 4 4
40人〜 16 14 13 12 11 10 9 9 8 8
出走人数21位22位23位24位25位26位27位28位29位30位
20〜39人 3 3 3 3 2 2 2 2 2 2
40人〜 7 7 7 6 6 6 5 5 5 5
出走人数31位32位33位34位35位36位37位38位39位40位
20〜39人 2 1 1 1 1 1 1 1 1 -
40人〜 4 4 4 4 3 3 3 3 3 3
出走人数41位42位43位44位45位46位47位48〜60位61位〜
40人〜 2 2 2 2 2 2 2 1 0

2017-2018 対象レース

1
茨城シクロクロス2017.10.9 (月/祝)UCI2小貝川リバーサイドパーク詳細へ
2
中国シクロクロス2017.10.15 (日)広島県立中央森林公園詳細へ
3
東北CX Project2017.10.29 (日)UCI2グリバーさがえ詳細へ
4
StarlightCross2017.11.3 (金/祝)UCI2幕張海浜公園詳細へ
5
シクロクロスミーティング2017.11.12 (日)飯山市運動公園詳細へ
6
関西シクロクロス2017.11.19 (日)UCI2マキノ高原詳細へ
7
シクロクロスミーティング2017.11.25 (土)UCI2野辺山 滝沢牧場詳細へ
8
シクロクロスミーティング2017.11.26 (日)UCI2野辺山 滝沢牧場詳細へ
9
宇都宮シクロクロス2017.12.3 (日)UCI2道の駅うつのみや ろまんちっく村詳細へ
CN
第23回 全日本選手権2017.12.10 (日)野辺山 滝沢牧場詳細へ
10
関西シクロクロス2017.12.24 (日)烏丸半島詳細へ
11
東海シクロクロス2018.1.21 (日)愛知牧場詳細へ
12
シクロクロス東京2018.2.11(日)お台場海浜公園詳細へ

OFFICIAL AJOCC PARTNERS