NEWS and REPORTS

JCXシリーズが「JCF公認大会」になります

JCX_logo.jpgのサムネイル画像jcflogo.jpgのサムネイル画像

【2018-2019 season JCXシリーズが「JCF公認大会」となります】

一般社団法人日本シクロクロス競技主催者協会(AJOCC)主催の「JCXシリーズ」は、今シーズンから公益財団法人日本自転車競技連盟(JCF)の公認大会になります。

近年、日本国内におけるシクロクロス競技は、大会数・参加者数ともに大きな伸びを見せてきました。UCI(国際自転車競技連合)ポイントが獲得可能レースは、UCI-Class1・Class2を合わせて9大会、更に全日本シクロクロス選手権を含めると10大会となり、これは欧州諸国と比べても少なくない大会数です。

そのUCIポイントと共に、日本チャンピオンを決める「全日本シクロクロス選手権」出場資格や国際大会へのセレクション指標ともなるシクロクロスナショナルランキングが与えられる、国内最高位の大会で構成する「JCXシリーズ」をJCF公認大会として位置づけることを、JCFシクロクロス小委員会から求められてきました。

そのため、JCXシリーズ対象レースをJCF公認大会として申請することを、JCFシクロクロス小委員会と協働で進めてきました。話し合いと交渉の結果、2018-2019 season から、JCXシリーズは「JCF公認大会」となります。

AJOCCは国内大会主催団体を統轄する組織として、競技者の底辺拡大、大会の質の底上げ、選手強化、普及活動を行ってきました。将来を見据えたこれらの取り組みは、JCFと同じ方向を向いて進めることが不可欠あり、JCF公認大会となることで、これらの取り組みをJCFと協働で今まで以上に進めていきます。同時にユーザーに対する利便性と透明性の向上を提言していきます。

JCF公認大会には、JCFから公認審判員が派遣され、主催者と共に大会を運営します。そして公認大会に参加する全てのカテゴリーの選手には、当該年有効なJCF登録ライセンスを有することと、競技ルールの遵守が求められます。

従って、公認大会の参加に当たってはJCF登録ライセンスの取得、大会受付での提示をお願いします。また、当日限りの「臨時登録」制度もあります。登録や申し込み方法の詳細は、各大会の主管団体にお問い合わせください。

今後も日本シクロクロスの普及・発展・強化のために、AJOCCはよりよいシクロクロスレースを創り上げていきます。

参加される選手の皆様のご理解とご協力をお願いいたします。 

一般社団法人日本シクロクロス競技主催者協会

(本件に関しまして、お知らせが遅れましたことお詫び申し上げます。)

2018-2019 対象レース

1
茨城シクロクロス2018.10.8 (月/祝)UCI2小貝川リバーサイドパーク詳細へ
2
中国シクロクロス2018.10.14 (日)広島県立中央森林公園詳細へ
3
シクロクロスミーティング2018.10.21 (日)富士宮市あさぎりフードパーク詳細へ
4
東北シクロクロス2018.10.28 (日)UCI2グリバーさがえ詳細へ
5
スターライト幕張2018.11.10 (土)UCI2幕張海浜公園詳細へ
6
シクロクロスミーティング2018.11.17 (土)UCI2野辺山 滝沢牧場詳細へ
7
シクロクロスミーティング2018.11.18 (日)UCI1野辺山 滝沢牧場詳細へ
8
関西シクロクロス2018.11.25 (日)UCI2マキノ高原詳細へ
CN
第24回 全日本選手権2018.12.9 (日)マキノ高原詳細へ
9
宇都宮シクロクロス2018.12.16 (日)UCI2道の駅うつのみや ろまんちっく村詳細へ
10
関西シクロクロス2018.12.23 (日)スチールの森京都詳細へ
11
東海シクロクロス2019.1.13 (日)愛知牧場詳細へ
12
前橋シクロクロス2019.2.10(日)前橋市岩神緑地詳細へ

OFFICIAL AJOCC PARTNERS