NEWS and REPORTS
PARTNER'S Press Release

キャニオン 2020モデル シクロクロスバイク「インフライト」シリーズ発売

2020モデル シクロクロスバイク「インフライト」シリーズ発売

top.jpg

シクロクロスの現世界チャンピオンにして、今シーズンはロードレースとマウンテンバイクでも大活躍のスーパースター、マチュー・ファンデルプールが使用するシクロクロスレースバイク「インフライト」。その最新2020モデルが発売されました。

トップグレードのインフライトCF SLX(完成車2車種、フレームセット販売あり)、ミドルグレードのインフライトCF SL(完成車3車種、フレームセット販売あり)、アルミフレームのインフライトAL SLX(完成車1車種)による合計6車種の完成車にフレームセットと豊富な選択肢をラインナップ。今シーズンのシクロクロスデビューを控えるエントリーライダーからトップレーサーからまで、幅広いニーズに対応できる品揃えとなりました。

日本国内のシクロクロスレースを統括するAJOCC(日本シクロクロス競技主催者協会)によると、今シーズンの開幕レースは9月14日。秋から翌春にかけて約半年間のシクロクロスシーズンを楽しむための、ベストな1台をきっとみつけていただけるはずです。

▽キャニオン公式ストア インフライト特設ページ
https://www.canyon.com/ja-jp/road-bikes/cyclocross-bikes/inflite/

◆「インフライト」シリーズ 共通の特徴
シクロクロスというユニークな競技のすべての局面において速さを生み出すこと、それが「インフライト」の開発目標です。

  • クロスカントリーMTBの開発経験を活かしたシクロクロス専用「Cross Pro」ジオメトリーにより、テクニカルな局面でのバイクコントロールを劇的に向上。
  • 目を引く屈曲したトップチューブにより、バイクを担ぐ際の肩の出し入れをよりスムーズにします。そしてトップチューブの屈曲部とバイクの重心を近づけることで、バイクの上げ下ろしとランニングを安定してスピーディに行えます。
  • 泥の付着を大幅に低減するデザインにより、バイクへの泥の蓄積が抑えられるため、泥詰まりによるトラブルや、ピットでのバイク交換によるタイムロスを減らすことができます。
  • 幅広い体格のライダーに最高の性能をもたらすため、152cmから対応する3XSサイズをラインナップ。3XSと2XSはハンドリングに妥協の無いジオメトリー設計とするため、650Bホイールサイズを採用。小さなサイズでもフレーム前三角に肩の出し入れのための十分なスペースを確保しただけでなく、現代のテクニカルなレースに不可欠と言える、俊敏な反応性、狙い通りのバイクコントロールを実現しました。

これら革新的なコンセプトにより、「インフライト」はシクロクロスバイクに必要とされる特有の機能を盛り込んで、あらゆるセクションで数秒ずつリードを奪うことができるバイクです。まさに、「インフライト、勝利への最短フライト」を実現します。

▽2020モデルラインナップ
(モデル表記は、モデル名、メインコンポ、完成車重量、価格)

◆インフライトCF SLX

cf-slx.jpg
▲ インフライトCF SLX 9.0 Team

フレーム重量940gと超軽量ながら、レース中延々と繰り返される急加速で差をつけることのできる反応性、タフなレースシーズンを戦い抜く十分な強度と耐久性、快適性を兼ね備えるトップモデル。"Team"モデルには、マチュー・ファンデルプールが所属するコレンドン ・サーカスチームのレプリカカラーを展開。

インフライト CF SLX 9.0 Team(シマノ・アルテグラRX Di2)7.6kg 479,000円
インフライト CF SLX 9.0 (スラムフォースeTap AXS)7.4kg 469,000円

◆インフライトCF SL

cf-sl.jpg
▲ ミドルグレードのインフライトCF SL 6.0

トップモデルのインフライトCF SLXと同形状のフレームに、カーボン素材を変更したミドルグレード。剛性、耐久性はインフライトCF SLXと同等です。"7.0"モデルには、マチュー・ファンデルプールが所属するコレンドン ・サーカスチームのレプリカカラーを展開。

インフライトCF SL 8.0 (スラムフォース1)7.9kg 359,000円
インフライトCF SL 7.0(シマノアルテグラRX)8.2kg 289,000円
インフライトCF SL 6.0 (スラムライバル1)8.4kg 239,000円
インフライトCF SL フレームセット 179,000円

◆インフライトAL SLX

al-slx.jpg
▲ 高性能アルミフレームのインフライトAL SLX 5.0 Race

カーボンモデルと同じ「Cross Pro」ジオメトリーを採用した高性能アルミフレーム。前後12mmスルーアクスル、フラットマウントの最新仕様。「インフライト」シリーズのベースグレードながら、屈曲したトップチューブにコンパクトな後三角フレームで、その戦闘力は上位モデルに肉薄。身長152cmから対応するサイズ展開で、ジュニア世代やシクロクロスレースデビューに最適です。

インフライトAL SLX 5.0 RACE(スラムエイペックス1)8.7kg 179,000円

※価格はいずれも税・送料別

2019-2020 対象レース

1
茨城シクロクロス2019.10.14 (月/祝)UCI2小貝川リバーサイドパーク詳細へ
2
スターライト幕張2019.11.3 (日)UCI2幕張海浜公園詳細へ
3
シクロクロスミーティング2019.11.10 (日)飯山市運動公園詳細へ
4
関西シクロクロス2019.11.17 (日)UCI2マキノ高原詳細へ
5
シクロクロスミーティング2019.11.23 (土)UCI1野辺山 滝沢牧場詳細へ
CN
第25回 全日本選手権2019.12.8 (日)愛媛県内子町・小田川河川敷詳細へ
6
宇都宮シクロクロス2019.12.15 (日)UCI2道の駅うつのみや ろまんちっく村詳細へ
7
中国シクロクロス2019.12.22 (日)広島県立中央森林公園詳細へ
8
東海シクロクロス2020.1.12 (日)愛知牧場詳細へ
9
東北シクロクロス2020.1.19 (日)UCI2蔵王町総合運動公園詳細へ
10
関西シクロクロス2020.2.9 (日)スチールの森京都詳細へ

OFFICIAL AJOCC PARTNERS